ダブルミンツの意味を調べたけどわからなかった…

ダブルミンツ

ダブルミンツ

ダブルミンツ

[著]中村明日美子

ダブルミンツ(ヒカリTVブック)

ダブルミンツ(コミックシーモア)

ダブルミンツ (amazon)

出会った瞬間、壱河光夫は市川光央の“目”に殺された。同じ名前を持つ、二人の男たちの愛憎の向かう先は――?(amazonより)

中村明日美子先生の「ダブルミンツ」
今回再読するにあたって、タイトルの意味が気になって調べたのですが、わかりませんでした。

ダブルミツオならそのまんまなんですが

mintって植物のミントのことでしょうか。他の意味が見つからなかったので、だとすると強いミント味のようなニュアンスで使用されているのか…気になりますが、とにかく再読。

初めに読んだ時、「同級生」→「Jの総て」→「ダブルミンツ」の順で読んだせいでぼやけてしまったのか、この作品の印象があまり残っていなかったのですが、読み直すとやっぱり面白い。

屈折しているけれど一途な愛に打たれました。

ただし結構ダークな内容ですので、好き嫌いはかなり分かれると思います。

 

「病みBL特集」では★★★ランクでしたが、果たして…

ころり的には病み度★★ぐらい、一途な愛のお話だと思いました。
renta!「病みBL特集」記事

 

続き…ネタバレに注意