すごいBLに出会ってしまった

この国には、鴆(ジェン)という鳥人がいる。
有毒の食物を好んで食べ、体内に溜め込んだ”毒”を”色”に変えると、鮮やかで美しい羽根をつくる。
毒の強さは鴆の誇りだった。

しかし、いつしか人々はその羽根の美しさに魅せられ、より美しい鴆を飼うことをステータスとするようになり……。

一番美しい鴆と名高いツァイホンと、かつてツァイホンの毒によって兄を殺されたフェイ将軍。
憎しみと愛が交わる人外BL――!

毒と極彩色、憎しみと愛。夢のような世界感に溺れる

文善やよひ先生  鴆-ジェン- です。

こ…これは!

できるだけ紙の書籍を増やさないために、
絶対に紙で手元に置きたい作品以外は電子書籍で読むと決めているのですが、
それでも電子化を待ちきれないものは紙媒体で購入することがあります。

読んでみて、「電子化を待てばよかったなぁ…」と思う作品もあれば
「やっぱり紙書籍で買ってよかった!」と心から思える作品もあるわけで…

つまり、何が言いたいかというと

この作品を買ってよかった!!ということです。感動にふるえています。

 

続き…ネタバレに注意