繊細な4人の男たち、美しくおさまって完結。

やぎさん郵便 3

やぎさん郵便 3

やぎさん郵便 3

1通の恋文で人生を狂わされた男たち…花城、廣瀬、有原、澤。
絡まり合った運命の糸は解かれ、それぞれのしあわせを見つける4人の未来は…。

読後感は素晴らしくうっとりしみじみ

草間さかえ先生 やぎさん郵便3 です。

なんと「マッチ売り、前編」から足掛け10年のこの作品。当時から読まれていた方は、本当に長かったと思います。ようやく完結です。

本当に素敵な作品でした。

本編は2話だけで(なんとかして2巻に…入れられない事情があったんですね)。あとは、有原が状況した時の話、花城と澤の昔の話、そして4人のその後の話でした。

本編完結した時に、「ええええ、これだけ?」と思ったんですが、残りも全編この4人の話で、気になってた過去の話も読めたので、非常に満足。
やぎさん郵便 3 (amazon)

続き…ネタバレに注意