鹿のエロ、愛に胸キュン涙する。

まほろばデイズ(ひかりTVブック)

奈良最高位・久鹿家の跡取り鹿の白羽と、拾われ子で人間の草介は幼馴染で腐れ縁。
皆に慕われ愛されている白羽は、使用人の子でしかない草介に、いつも全身で好きだと伝えてくる。
高貴で秀麗な白羽に尽くされて優越感を覚えつつも、白羽の想いには気づかないフリで一線は越えない間柄だった。……はずなのに! 発情期の白羽が我慢の限界を超えて草介に襲いかかってしまった!!
それ以来、ギリギリ友人としての均衡を保っていた2人の関係が崩れ、草介は貞操の危機!?

表紙の雰囲気と「跡取り鹿」ってどういうこと?と買ってみたらものすごくよかった!泣きました~

ちちゃの実先生 まほろばデイズです。

奈良のお話だと思ったんですが、「奈良まほろば」っていう架空の町が舞台。
近鉄奈良駅なども出てきて、ほぼ奈良な雰囲気の町ですが、鹿が治めているって設定です。

ちしゃの実先生の作品は未読だと思っていたら、実は「片恋家族」を読んでいたことを思い出しまして。
あの作品は受の子が女の子みたいだったので、わりとさらっと流しちゃってたんですね。

だから、今回の受けはちゃんと男の子だったらいいなーと思いながら読んだわけです。

 

続き…ネタバレに注意